『おれんじ。。』

秋に空がくれた。。 最高の夕焼けは。。 いつもそばにあるはずの。。 可愛い笑顔と。。 寄り添う肩を失った。。 今のボクには切なすぎた。。 でも。。きっと。。 本当に傷ついたのは。。 キミの方。。 オレンジが眩しくて。。 残された想いたちが溢れる。。 キミに言え…
コメント:6

続きを読むread more

こころ。。

『そばにいるから』って。。 隣りにいるコトじゃなくて。。 心が寄り添っているコトなんだって。。 キミといてよく分かった。。 『寂しくない』って。。 キミが言ったとき。。 ボクはその意味が分からなくて。。 問い詰めてしまったけど。。 今なら分かるよ。。 揺るぎない強さ。。 …
コメント:8

続きを読むread more

ふたり。。

大切なのは想いの深さ。。 消せない時間。。 特別な存在。。 キミがいるだけで。。 心が強くなる。。 抱き締めたくて。。 護り抜きたくて。。 キミから目が離せない。。 何度想いを声にしたのかな。。 でも。。まだ足りないんだよ
コメント:2

続きを読むread more

てをつないで。。

このままずっと。。 ずっとこのまま。。 ボクたちが。。 背中合わせになっても。。 ずっとずっと。。 手を繋いでいようね。。 ボクたちが。。 遠く離れたとしても。。 ボクの中にいる。。 キミの手は離さない。。 ボクを感じていてほしい。。 いつもキミのそばにいるか…
コメント:6

続きを読むread more

あめのであい。。

キミに逢いたくて。。逢いたくて。。 ボクは今日も。。こんなにも苦しくて。。 『離れない。。』 『離さない。。』 分かっているのに。。聞きたくて。。 2人の心に嘘はないから。。 一瞬の真実でも構わない。。 感じたコトを伝えたい。。 ボクはキミじゃなきゃダメなんだ。。 …
コメント:6

続きを読むread more

またあした。。

真夜中に震える光。。 そばにいて。。そばにいるよ。。 心の奥の声みたい。。 手を繋いでる感覚。。 2人が眠りに落ちるまでの。。 やすらぎのカウントダウン。。 『だいじょうぶ。。』 返信途中に来る。。 キミからの…
コメント:6

続きを読むread more

あさねぼう。。

静かな朝。。 穏やかな声。。 こんなに深い眠り。。 どれくらいぶり。。 包まれる。。 包まれてる。。 この安心感。。 あとすこしだけ。。 なんてわがまま。。 髪を撫でる指。。 その腕。。胸の中。。 このまま時…
コメント:4

続きを読むread more